横浜と絹

Yokohama city / 横浜市街

Yokohama city / 横浜市街

横浜の歴史に絹が深く関係していることをご存知ですか。
横浜は、安政6(1859)年に開港して以来、生糸輸出港として我が国の 経済を支え、国際港として大きな発展をしました。生糸は、太平洋戦争前まで輸出額の第一位を占め、戦後も昭和30年代初頭までは、我が国の重要輸出品とし て、第一位ないし二位でした。横浜は、絹と縁の深い都市であり、今日の発展の礎を築いたのはシルクであるといっても過言ではないようです。(参考:財団法 人シルクセンター国際貿易観光会館)
横浜の歴史、横浜の特産品、横浜の観光スポットなども少しづつblogにアップしていきます。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA