着物を見る目を養しなう日

着物を見る目を養う日

着物を見る目を養う日

横浜・桜木町の着付け教室「きもの時間 結」のトモミです。

先日、プライベートで呉服屋さんの展示会へ友人と遊びに行ってきました。着物を見る目を養うには、良い着物にたくさん触れる必要があります。展示会は多くの商品を見ることができるため、勉強する良い機会です。

自分にどんな着物が似合うかはもちろん、自分がどんな着物が好きかすら分からないという話は本当によく耳にします。着物を見たり、触れたりしなければ、分からなくて当然です。面倒だと感じる時ももちろんあるのですが、店員さんにお話を伺いながら、話半分で見学することは、着物に興味のある人にとって興味深い時間になると私は思っています。

余談ですが、大手の着付け教室さんでは教室独自の展示会や販売会が開催されています。講師がお薦めして販売するやり方は大手の着付け教室において、ごく一般的。お教室事業はあまり儲かる商売ではないため、販売部分が事業として重要な役割を担っているという実態があるようです。良き講師や良き仲間と出会うことが着付けを楽しむ上で重要なポイントだと感じます。

きもの時間 結においても、小さいながら着付け教室を行っております。個人の着付け教室ではありますが、国際交流をコンセプトのきもの時間 結が飛躍するよう試行錯誤しております。ぜひ着付け教室にも遊びにお越しください。体験レッスンやイベントレッスンなどを行っております。多くの方とお会いできる日を楽しみにしております。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA