「はじめての着付け1dayレッスン」3/29に開催しました!

横浜、桜木町の着付け教室「きもの時間 結」のトモミです。3月のイベントレッスンもつつがなく開催することができました。ご参加の皆様、応援下さった皆様、本当にありがとうございました。
今回のイベントレッスンは、いつも開催している横浜にぎわい座ではなく、その近くにある飲食のできる和室を2部屋お借りして開催そました。またいつもより少人数にして、お一人お一人をしっかりレッスンできるようにしてみまりた。更に和菓子とお茶をいただく時間も設け、着物だけでなく日本の文化を堪能していただくことにもトライしてみました。
今回は顔なじみの2人の外国人と初参加1名の計5名で行いました。何度か参加してくれていると、着付けが上達するものなんだなぁ今回本当にに驚かされました。帯締めの結び方を人に教えられるほどになっておられ、着付を学ぶことに国籍は関係ないんだと改めて思い知らされます。着付けのレッスンに加えて、着物を着た際の立ち居振る舞いの練習も行いました。立ち方や座り方など実際に試して、倒れそうになる一幕もありましたが、笑い合いながら和気あいあいと楽しい時間を持つことができました。
今回ご提供した和菓子は、鶴屋吉信さんの京観世たねやさんの干菓子、四方の春でした。個人的に京観世が好きということもあるのですが、着物のお柄としてもよく使われる「観世水」について説明したいと思い今回のお菓子にしました。ちなみに私が今回着ている紺のお着物の柄も観世水。水を横長の渦巻きのように表した文様で、日本最古の伝統芸能である能の一派、観世流の紋様に由来しています。格調ある文様として広く使われている柄です。柄のお話や簡単な茶道のお話など日本文化に触れる時間を持つことができました。
次回の着物イベントはじめての着付け1day レッスンは、5/17(日)13:30〜開催します。今回同様少人数で開催しますので、お早めにご一報ください。更に7月の着物イベントは浴衣を予定しています。初の男女向けの着付けレッスンにしたいと思っていますので、そちらもお楽しみに〜♬

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る