今日は五節句の一つ「人日の節句」、七草粥を食べる日です。

七草粥

七草粥

横浜、桜木町の着付け教室「きもの時間 結」のトモミです。
さて皆様、五節句という言葉をご存知でしょうか。

五節句とは、江戸幕府が公的な祝日として定め日です。陰暦から陽暦への改暦があった明治初期に廃止されたのですが、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日 上巳(じょうし) 、5月5日 端午(たんご)、7月7日 七夕(たなばた)、9月9日 重陽(ちょうよう)の5つの節句のことです。元来、中国から伝わった暦上の節目の日で、奇数が重なる日に邪気を祓う行事が行われていたものですが、私達にとってはお祝いや伝統行事として馴染みがあるように感じています。

1月7日は人日の節句です。お正月最後のこの日は、1年の豊作と無病息災を願い七草粥を食べることで知られています。春の七草は、一般的に、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・すずしろ・すずな・ほとけのざ。お正月で疲れた胃を休めるためとも言われたりもしますが、邪気を払うために食べることが由来のようです。時代によって食べる意味は少しづつ変化しているように感じますが、七草粥を食べる行為そのものは我が家でもしっかり受け継がれています。

大人になって学ぶ事の方が多い気がする日本の食文化も、着物同様、学校で勉強できる機会があればいいのに…と思いつつ、このブログが日本の文化を知るきっかになれるよう地道に発信していこうとも思っております。どうぞ温かいご支援を宜しくお願い致します。

LINEで送る